利府町から車で便利な矯正歯科〜仙台こども矯正歯科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.022-399-6656

〒982-0012 仙台市太白区長町南1-9-15

FAQ よくあるお問い合わせ


こどもの矯正治療と大人の矯正治療は、何が違うのですか?

当院では、幼児期、学童期(中学生も含まれる場合あり)は、成長がありますので、成長を利用した「機能的矯正装置」を使用して治療することが多いです。

こどもは、歯の生えている部分のあごの大きさや形、生えてきていない歯の生え方、口のまわりの筋肉の発達などをまだ変化させることができますので、歯ならび、かみ合わせの原因となる部分を治療することができます。

「機能的矯正装置」は、上記のようなコントロールができる装置です。

「機能的矯正装置」は、在宅時のみの使用で効果を発揮することができます。

学校等にもしていかないことから、管理がしやすく、、また取り外しができるため、口の中もきれいにできます。

また、急に歯を動かすわけではないので痛みも少なく、装置の付け外しも簡単なので、こどもさんは問題なく受け入れてくれると思います。

もちろん欠点もあり、成長に合わせて治すため大体2〜3年の治療期間を要し、また大人の治療とは異なり、まだ成長・歯の生えがあるため、完全にきれいに治すことは難しいです。

しかし、原因を治すことができ、大まかな治療がこどもが気になってくる前に治せるのは利点となると思います。



対して、成長が落ち着いた中学生から大人は、もう変化が少ないですので、現状を歯を動かして治す矯正治療となります。

その際に使用する矯正装置が「マルチブラケット装置」です。

基本的に歯1本1本にブラケットと言われる小さな装置を専用の接着剤で接着し、そこにワイヤーやゴムを装着することにより、歯が動かしていく装置です。

わかりやすく、短期間で歯が動いてきますので、大人の方の満足度は高いです。

治療期間は、技術の進歩で段々短くなってきており、1〜2年くらいがほとんどです。

見た目を気をする方もいらっしゃいますので、見た目の良い装置もあります。

欠点は、こどもの頃の「機能的矯正装置」と異なり、あごの形や歯の生え方は変えられませんので、それを補うために抜歯や手術を伴うことがあります。

また、基本取り外しができないため、歯みがきや日中の違和感など管理は少し煩雑な点や、「機能的矯正装置」に比べれば痛みが多少あります。(装置の進化により大分痛みは軽減されてきています。)

ちなみにお子さんの治療を行った後に、残った部分を大人の治療で治療することがありますが、その場合は、一度ある程度治しているので、治療は簡単になるため、治療期間は短くなる傾向にあり、また抜歯の可能性も下がり、痛みや費用負担も少なくなります。

こどもの矯正治療」、「大人のの矯正治療」にもまとめてありますのでご覧ください。





FAQ トップページへ