矯正用インプラント〜仙台こども矯正歯科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.022-399-6656

〒982-0012 仙台市太白区長町南1-9-15

FAQ よくあるお問い合わせ


矯正用インプラント(アンカースクリュー、アンカープレート)とは何ですか?

矯正用インプラントとは、主にマルチブラケット装置による矯正治療にて、歯を移動させる際の固定源として使用する、骨に埋入する金属の装置のことです。
これを使用することにより、従来の治療方法では難しい歯の移動が可能になり、抜歯や手術の回避、治療期間の短縮などが可能となります。

主に矯正歯科専門医院で治療に採用できる専門性の高い治療方法で、当院でも開院当初より導入しております。

矯正用インプラントには、アンカースクリューとアンカープレートの2種類があります。
どちらもチタン合金を主としたもので、多くの場合身体にはほとんど害はなく、痛みもほとんどありません。
また、どちらもマルチブラケット治療後には外します。

アンカースクリューは、ネジの形をした小さなもので、当院も含め多くは矯正歯科医院にて装着を行うものです。
ごく少量の麻酔を行いますが、短時間で装着が可能です。
利点は、簡単に矯正歯科医院にて装着が可能であり、感染等のリスクも少なく、ある程度の歯の移動であれば十分なものです。
欠点としては、年齢や口の中の条件により合わない場合があること、またより大きく動かしたい場合には適応ではないことです。

アンカープレートは、板状のもので、一般には口腔外科にて装着を行うものです。
麻酔を行い、多少歯ぐきの処置も必要となります。
利点は、大きく歯を動かすことができることです。抜歯や手術を回避する際にもよく使用されます。
欠点は、口腔外科にて処置が必要となること、処置部の感染等のリスクが多少なりともあることです。

当院では、必要に応じて、矯正用アンカースクリューとアンカープレートを使い分けております。
アンカースクリューの適応の方の方が多く、アンカープレートの適応の方は少ないです。
また、矯正用インプラントを使用する必要のない方も多いですので、必ずマルチブラケット治療の際に使用するわけではありません。

マルチブラケット装置による治療方法は、「中学生から大人の矯正治療」をご覧ください。




FAQ トップページへ